students voice

生徒の声

実際に通っている生徒さんや元生徒さん達の声です。

ボーカル科 黒田裕子さん&ピアノ科 麻衣さん親子トランペット科 吉田晶徳さん(獣医師)ピアノ科 小林悦代さん(介護福祉士)サックス科 山名康之さん(会社員)
裕子さん:講師の生バンドで歌えるのがすごい気持ちいいです。人間同士でやってるから、カラオケとかとは全然違う。自分もまだまだですけど、支えられながらも、ひとつの曲を一緒に盛り上げていくっていうのが。それが楽しい。それと、日常の仕事とは離れた別の自分ていうのがあるっていうことが、いいかな。
麻衣さん:ジャズってちょっと堅苦しいイメージがあったんですけど、バップに来てみて皆さん優しくて、ワイワイ楽しくやれてることに凄い驚いて、楽しんでます。最初はちょっと緊張したけど、講師の先生も、いつも温かく、ミスも温かく(笑)な感じで。
バップに入会したのは、何か一つくらい楽器ができないかなと思って。「もしもピアノが弾けたなら~」って感じで。居心地がいいので、そのまま、練習嫌いな僕でも務まってます(笑)アットホームですよね、スパルタじゃないし。イベントもあるし、イベントいけば知ってる人もいるし皆いい人だし。始めはトランペットを教えてくれるところを探してて、ジャズスクールは敷居が高いと思っていた。けど他の音楽教師室はレッスンが昼間だったりで夜できないとか、で、バップに知り合いで習っていた人がいたのでその人の紹介で入った。もともと音楽を聴く習慣もない人なのに、ホームページを見たら、「初めての人でも楽器をしたことの無い人でもOK」とかいてあったので(笑)50の手習いだったので結構大変だったり、初めはBGMにしか聞こえなかったりだけど、すごい気分転換になる。60の手習いで奮起してやっているので、若い頃のように進まず、時には挫折することもあるけれど、
音楽を楽しむ気持ちは年を重ねるごとに強くなってきているなあって気がしているので、今後も牛歩ではありますが、
続けていきたいと思ってます。わたしの場合は目的がはっきりしているから
それに向かって進めばいいだけのことですから(介護施設で弾き語りをしたい)
先生は皆さん明るくて良いんじゃないですか?
担当講師は、年が近いので、自分の困った加減っていうのをわかってくれてる気がするんですよ。
なので、時にはアドバイスをくれたりして、とても良いと思っています。
バップに決めた理由は、ホームページで探して、ジャズだったらここかな、と。バップに入って、イベントが結構色々あって、そこが良いところだと思います。自分がもっとできれば、もっといろいろ参加できるんだけど、基礎練習ができていなかったことが確認できたことが良かったです。1歩1歩、でも今できないことが津波のように押し寄せてきて・・・で、練習しようかなあと思うと、ついテレビ見ちゃったりとか(爆笑)担当講師は色々なことを教えてくれます。
ギター科 中田椋さん(高崎経済大学ジャズ研)ピアノ科 ヨシくん(高崎経済大学ジャズ研 部長)ベース科 片岡謙さん(会社員)ボーカル科 金古芽久さん(高校生)
大学でジャズ研に入っているので、うまくなりたいからホームページ検索して、バップに電話して・・・まずうまくなりたいっていうのがあって入会したけど、群馬でジャズやる上で交友関係も作りたかったっていうのもあって、人脈広げる上でもいいと思った。あと自分の好きなペースで進められるのでいい。自分として満足できるからいいと思いました。大学のサークルでジャズをやっていて、そこで部長をやっているのに情けなくて、それでバップに入りました。入ってからは、教えてくれる人がいるってことが大きくて、教えてもらっている内容も、本当に自分のためになるなっていうのが一番大きい。レッスンはマンツーマンだから緊張もするけど、その分しっかりみてもらっているって感じがします。バップに入ると、音楽やってる仲間が増えます。そこがいいですね。校長先生と美姫先生(副校長)がとても素敵で(笑)音楽やる奴は一度は来た方がいいですよ。バップに決めた理由は、ジャズやろうと思った時に、ジャズ習えるところって他にはないので、仕方なくここへ来た(大爆笑)担当の講師とは本当に仲良く、ある時は先生である時は友達みたいな関係です。わたしは小学校4年生からバップに入学しました。歌が好きで、お母さんが見つけてくれました。最初はジブリシリーズとかのジャズじゃない曲をやっていて、やっているうちにだんだん自然にジャズが好きになってきて、高校生の今はジャズを歌っています。バップ、は周りの人(生徒も講師も)が個性的な人が多くて面白いです。あと、先生と距離が近いところが良いところ!先生が可愛いくてアットホームなところが好きです♪
ベース科 陽子さん(フラ教室インストラクター)ギター科 西山四三二さんドラム科&ピアノ科 岩本尚子さんサックス科 中村龍也さん(会社員)
ハワイアンのバンドに加わりたいので入会しました。すごく楽しいです。まだまだですけど、毎回レッスンするのが楽しくて来てます。講師が教え方も上手でいいです。思っていたよりずっとより楽しいです。バップに入ったきっかけは、散歩してて看板見て。入ってみて、前と違っていいかな。前はクラシック習ってたけどこっちの方が楽しい。講師は優しいですよ。今後は弾き語りをやっていきたい。ジャズが大好きなので、バップでドラムを始め、副科としてピアノもレッスンが受けられて、アンサンブル・レッスンに参加したり、と、とても充実した毎日を送れています。色々楽しいイベントが沢山あるので、今後なるべくイベントに参加したいです。イベントがあるので練習し甲斐があります。バップに入って、とても楽しいです。バップは各楽器の人が皆いるので、セッションしやすいですし、また、セッションした時に、皆と会話できるので、他ではそういうのが無いので、そこがいいです。講師の先生も、とても親切に教えてくれます。
ピアノ科 岡律子さん(会社員)ギター科&トロンボーン科 松本理沙さん(中学生)ギター科 槻舘稔さん(ギター科の1番うまい生徒さんです!)(会社員)
入学ののきっかけは、ジャズに興味があり、やってみたかったからです。それで、探したらここにあった、という。
もう11年間通っていて、2年目から毎年発表会に出演しています。なので2011年から既に8回出演しています。
担当講師は素晴らしいです(笑) ジャズの面白さを教えてくれます。バップには色々イベントがあって、音楽合宿にも参加してみました。
他の生徒さんとも知り合え、話ができ、そんなところが良いところだと思います!
バップに入ったきっかけは、部活で吹奏楽部をやっていて、もっとうまくなりたいと思ったからです。入学してみて、部活動ではやってないこととかも知って、楽しいです。
担当の先生が、わかりやすく教えてくれます!
バップに入学したきっかけは、「ジャズの学べるところ&近くにあるところ」で。(笑)やってみて、最初全然できなかったけど徐々にできるようになった。ジャズは、練習通りにはなかなかうまくいかなくて難しいけれど、上手く行った時はすごく楽しい!
ドラム科 富田大智さん(公務員)&元ドラム科 富田美香さん元ギター科/ドラム科/音楽理論科 西脇暁さん&元サックス科/トロンボーン科/ボーカル科 西脇なみえさん&元ピアノ科/ 西脇奏くんサックス科 佐々木桃子さん(公務員)ギター科 S.Tさん
職場の人の紹介で入会しました。ジャズがメインなので、最初、ジャズが良くわかってないから難しいかなと感じましたが、だんだん図書館でジャズのCDを借りたりして聴き馴染んできました。バップはアットホームで温かい感じです。イベントが多く、音楽合宿とかあって、生徒同士の交流があってとてもいい感じです。僕はバップで、お嫁さんとも巡り合い、この度赤ちゃんも授かりました。家族3人で7科目と大変お世話になりました。レッスンを受けてみると、知らないこと、出来ないことばかりということに気が付き、どんどん音楽と楽器の面白さが広がっていきました。3年かけて音楽理論を教えていただいたことも興味深く面白いものでした。
発表会ではプロの方と同じステージに立てたり、講師の方や生徒同士でバンドを組んで人前で演奏させていただいたこと、そのために色々と考えながら練習したことも、とても貴重な経験でした。
バップに通ったおかげで存在している息子は、毎日自分からピアノを弾くようになりました。いずれは皆さんと演奏できるようになったら嬉しいですね。
まだ入学して2カ月ですが、ジャズが吹けるようになりたくて、そういったスクールを探していました。今も埼玉の吹奏楽をやっていて、一緒にやっている人がここを知っていて、行ってみなよと言われて。入学してみて、思ったことは、今までやってたことと違うこと!奏法も全く違うし、譜面通りに吹いても曲にならないし。今後の希望としては、発表会やライブに出られるようになりたいです!元々、大学生の時にビッグバンドでドラムをやっていましたが、社会人になってからしばらく音楽から離れてしまいました。で、ドラムはなかなか普段音を出せないし、家の中で一人で音を出せれば楽しいかなと思ってギターを習おうと思いました。講師がすごく的確にアドバイスをくれるので、次の練習をどうするのかっていうことを自然と自分で見つけられる、そして自宅での練習も充実したものになる、自分でも上達感が分かる。初めてセッションに参加してみて、周りの人の音をすごく楽しめたので、ああいうイベントもあって自分も成長できると思いました。

スクール案内に戻る

トップページに戻る